- Blog記事一覧 -痛みのピーク時間

痛みのピーク時間

2018.05.30 | Category: 痛み

人間には、自然に治そうとする力(自然治癒力)があります。

とくに急性の痛みは、そこが危険ということを知らせてくれる警告信号(アラームサイン)で、基本的に問題がなければ徐々に痛みが治まってきます(慢性の痛みは別です)。

その中で、痛みにはピーク時間などの痛みの回復をみる「痛みの回復曲線(かいふくきょくせん)」というグラフ曲線があります。

グラフで痛みの回復曲線を説明すると難しくなるので、ここでは省略させて頂き結論を説明します。

整骨院の急性の痛みで非常に来院の多い「急性腰痛(ぎっくり腰)」を例にお話しさせて頂きます。

急性腰痛(ぎっくり腰)の状態によっても変わってきますが、一般的に急性腰痛(ぎっくり腰)の痛みの回復曲線は・・・

 

 放って置いた場合、30歳以下では24時間後(負傷してから翌日)に痛みがピークになります。

 放って置いた場合、40歳以上では48時間後(負傷してから2日)に痛みがピークになります。

③ 放って置いた場合、30歳代では①、②のどちらかになります。

 

この結果から何が言いたいかといいますと・・・

例えば②の場合、急性腰痛(ぎっくり腰)を起こして当日に整骨院に来院したとします。

痛みのピーク時間が負傷してから2日ですので、その当日に治療をしますと翌日にかえって痛みが増してしまう可能性があります(腰痛の状態、施術内容によっても変わりますが)。

この場合基本的には、負傷してから2日後に施術することが望ましいといえます。

急性腰痛(ぎっくり腰)にかかわらず、首の寝ちがえ・捻挫(ねんざ)・打撲(だぼく)・肉離れなどの急性の痛みも同じことがいえます(これも施術内容にもよりますが)。

良くしたいと思って、すぐ施術をしてしまうとマイナス効果になってしまうこともありますので、参考にして頂ければと思います。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

腰痛・坐骨神経痛の症状でお悩みの方はこちら


アクセス情報

所在地

〒193-0833
東京都八王子市めじろ台3-37-7 MMビル1F

【交通】
・京王高尾線 「めじろ台駅」 徒歩5分
・めじろ台方面バス停留所 「めじろ台南」 下車目の前

ご予約について

当院に初めてご来院されるご新規の方、自費施術の方のみ予約可能です。

駐車場のご案内

当院駐車場2台と近隣の駐車場2台(計4台)
※詳しくはお問い合わせください