- Blog記事一覧 -正しい傷口の処置

正しい傷口の処置

2018.05.31 | Category: 豆知識

皮膚(ひふ)の火傷(やけど)、切り傷(きりきず)、擦り傷(すりきず)などの傷口は、消毒とバンドエイドで処置をしているのが、家庭では一般的だと思われます。

しかし、実はこの昔から行われていた傷口の「消毒 + バンドエイド」の処置は、正しい処置とはいえません!!

なぜなら・・・

皮膚は必ず傷ついたら再生をする仕組みで「消毒 + バンドエイド」の処置は、傷ついた皮膚の再生(治り)を遅らせてしまうこと、深い傷の場合は痕(あと)が残りやすくなること、消毒をすることで痛みを伴うことが主な理由です。

要するに、傷ついた皮膚を消毒することでバイ菌を殺すことは正しいことなのですが、同時に皮膚の再生に必要な菌(常在菌 じょうざいきん)も殺してしまう結果になり、皮膚の再生(治り)が遅れてしまうわけです(消毒は“しみる”といった痛みも伴います)。

また、バンドエイドは、傷口を乾燥させてしまうと“かさぶた”ができ、皮膚の再生(治り)を遅らせてしまいます。

“かさぶた”が好きで、自分で“かさぶた”をはがすと気持ちいいという人は別ですが・・・(笑)

では近年、傷口はどういった処置が良いのでしょうか?

答えからいいますと「傷口は湿らせる(潤わせる)」ことなんです!

湿潤療法(しつじゅんりょうほう)、うるおい療法とも言われております。

この湿潤療法は、傷口の再生(治り)を早め、傷の痕(あと)が残らない(傷の深さにもよりますが)、しみるといった痛みを伴わないのが特徴になります。

その具体的な方法は・・・

皮膚が傷ついた → 水でキレイに洗う(とくに傷口に泥や砂がある場合は、しっかり水でキレイに流す) → キズパワーパッド(バンドエイド)をする

が家庭でもできる処置になります。

もう一つの方法としては、傷口を水でキレイに流した後に「市販のワセリンをサランラップに塗って、傷口に当てテープで止める」というやり方もあります。

よく湿潤療法をしていると傷口の場所が「水っぽくグチュグチュしてて膿んでいるんじゃないか」と思われますが、あれは浸出液(しんしゅつえき)といって、皮膚が再生する過程で必要になりますので、気にすることは全くありません!

昔から言われている傷口の処置は、現在もまだ行われています。

それは、傷口を湿らせるといった教育や指導(教科書がないため)がされてなく、周りにしんとうされていないためと言われております。

このブログをご覧になられた方々は、ご自分のケガ・お子様のケガなどに是非お役に立て頂ければと思います。

傷口がひどい場合は、専門のお医者さん(外科)に相談してくださいね。

以上です。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

腰痛・坐骨神経痛でお悩みの方はこちら


アクセス情報

所在地

〒193-0833
東京都八王子市めじろ台3-37-7 MMビル1F

【交通】
・京王高尾線 「めじろ台駅」 徒歩5分
・めじろ台方面バス停留所 「めじろ台南」 下車目の前

ご予約について

当院に初めてご来院されるご新規の方、自費治療の方のみ予約可能です。

駐車場のご案内

当院駐車場2台と近隣の駐車場2台(計4台)
※詳しくはお問い合わせください