- Blog記事一覧 - 痛みの記事一覧

痛みの記事一覧

痛みと脳②

2018.07.14 | Category: 痛み

慢性の痛みの場合、痛みの原因となる部分に損傷や異常がなく、痛みだけが残っている状態があります。

これは近年、痛みの原因は脳の機能の異常であることがわかってきています。

しかし、これが完全に解明されたものではなく、現在でも「痛みと脳」の研究が続いています。

そして、痛みと脳を考えたときに重要なキーワードがあり・・・

① 脳内モルヒネ

② 下行性疼痛抑制系(かこうせいとうつうよくせいけい)

③ ドーパミンシステム

の3つをご紹介させて頂きます。

① 脳内モルヒネ

・私たちのからだにはモルヒネに似た物質がもともとあり、これを脳内モルヒネといいます(βエンドルフィン、エンケファリンなど)。

・脳が痛みや苦痛を感じたときに放出され、鎮痛効果をもたらします。

・効果は強力で、モルヒネの数倍にももぼるといわれています。

・マラソンでの「ランナーズハイ」は、この脳内モルヒネの働きとされています。

 

② 下行性疼痛抑制系(かこうせいとうつうよくせいけい)

・脳からの指令で痛みを抑える仕組みをいいます。

・脳から脊髄(せきずい)に下行していることから、下行性といわれています。

・情動の影響を受けやすく、プラスの情動では活発になり、マイナスの情動では止まり、そうしたことから、痛みをコントロールする門の役割(ゲートコントロール)を行うといわれています。

 

③ ドーパミンシステム

・ドーパミンは「やる気ホルモン」ともいわれる神経伝達物質です。

・ドーパミンの分泌量が多いと統合失調症が起こし、少ないとパーキンソン病になります。

・ドーパミン自体が痛みを抑えるというよりも、脳の側坐核などを刺激して脳内モルヒネの分泌をうながすことで、痛みをコントロールしています。

 

この3つのキーワードから痛みを考えたときに、以下のようになります。

「不安や恐怖、うつなどの負のストレスが生じると、ドーパミンシステムがうまく作動しなくなって、脳内モルヒネや他の痛みを抑える神経伝達物質をつくることができず、下行性疼痛抑制系も機能しにくくなり痛みが残る」

と、このようにまとまります。

つまり、「何らかの脳の鎮痛システムに異常がある」ことが考えられるということです。

それが、脳のDLPFC(背外側前頭前野)の血流量の低下、脳の側坐核の血流量の低下などがいわれています(脳の画像で示されています)。

しかし、まだまだ研究中ですので、今後に期待したいですね!

以上です。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

腰痛・坐骨神経痛でお悩みの方こちら

痛みと脳①

2018.07.13 | Category: 痛み

私たちは「痛み」という症状をからだの異常のサインとして受け取っています。

痛みを感じるということは、そこに異常があることを知らせてくれるサインで、からだを守る重要な役割をもちます。

ところが、痛みがあると日常生活に支障がでたり、痛みにとらわれてうつ状態になったりするなど、マイナスの影響を及ぼすこともあります。

痛みとは、「からだの組織が何らかの原因で傷ついたとき、あるいはからだのどこかに病的な異常があるときに感じる不快な感覚」です。

また、「こうした傷や病的な異常がなくても生じる」のも痛みの特徴です。

痛みは、誰かが客観的に評価するようなものではなく、その本人が「痛い」と言えば、「そこに痛みがある」と自覚的なものになります。

つまり、痛みは感覚で、その感覚はどこで感じるかといいますと「脳」になります。

痛みには「急性の痛み」と「慢性の痛み」があります。

急性の痛みは、何らかの原因があって生じる急激な痛みでさほど問題にはなりませんが、慢性の痛みの場合、「長期間(3ヶ月以上)にわたって生じている痛み」で、言い換えると「痛みの原因となるような損傷や異常はもう治ってしまっているが、痛みだけがまだ残っている状態」ということです。

例えば、痛みを起こしている原因の手術をしたが、まだ痛みがある状態が1つです。

すなわち、痛みが起こっている患部には異常がなく、脳の痛みを感じる仕組みの何らかの異常で「そこが痛い」と感じている現象の可能性があります。

それが近年医学的にいわれている「慢性の痛みの原因は、脳の機能の異常である」といわれるものです。

では、その慢性の痛みの原因である脳の機能の異常とは一体どういうものなのでしょうか?

現在、脳の機能の異常は・・・

・脳のDLPFC(背外前頭前野)の機能の低下

・脳の側坐核(そくざかく)の活性の低下

の2つが主にいわれています。

脳のDLPFC(背外前頭前野)は、痛みの情報を受け取った脳が興奮するのを鎮める働きがあります。

その部分に機能の低下が起きると、痛みを抑制することが困難になり、痛みが慢性化してきます。

“やる気”に関わる脳の側坐核は、痛みを抑える物質を出す働きがあります。

ところが、ストレスを受けると側坐核の機能が変化し、痛みを抑える物質が少なくなり、

痛みの慢性化はもちろんですが、わずかな刺激も痛みとして感じるようになってきます(痛みの過敏)。

そうなりますと、どういった対処法があるのでしょうか?

対処法に関しては、また改めてお話しさせて頂きます。

今回は以上です。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

腰痛・坐骨神経痛でお悩みの方はこちら

痛みの悪循環

2018.06.03 | Category: 痛み

痛みには「急性の痛み」と「慢性の痛み」というものがあります。

それぞれの特徴は、体が黄色信号(警告信号)としてアラームみたいに知らせ、短期間でおさまる痛みは「急性の痛み」で、なかなか痛みが取れず、1~3ヶ月以上と長く続く痛みは「慢性の痛み」です。

急性の痛みの場合、その原因となるケガや病気が治れば消えていくものですが、痛みが生じたときに適切な治療をせず、そのまま放っておくと、痛みが別の痛みを引き起こし、慢性の痛みに変わってしまうことがあります。

痛みは、交感神経(こうかんしんけい ※ 自律神経)の緊張と運動神経を興奮させ、血管の収縮や筋肉の緊張を起こします。

その結果、血行が悪くなって酸素がなくなると痛みを起こす物質(ブラジキニン、ププロスタグランジン、セロトニン、ATPなど)の発生につながります。

そして、痛みを起こす物質が神経を刺激し、神経を伝わって脳で「痛い」と感じます。

通常、痛みが生じても交感神経の緊張はおさまり、血行が改善されて、痛みは鎮まってきます。

ところが、痛みが長引くと、血行の悪い状態が続いて「痛みを起こす物質」が多く発生するようになります。

この痛みを起こす物質は、血管を収縮させるため、さらに血行を悪化させ、また「痛みを起こす物質」が発生する、という「痛みの悪循環」を引き起こしていきます。

また、痛みが慢性化すると、痛みを引き起こした原因がなくなっても、痛みを取り去ることがなかなかできなくなります。

さらに、痛みが続くことで痛みにばかり注意が向きがちになり、眠れなくなったり、不安や恐怖からうつ状態につながり、ますます痛みにとらわれて症状が重くなるという悪循環になることもあります(心理的ストレス)。

したがって大事なことは、痛みが慢性化する前に、適切な治療を行って早期に原因を取り除くことが大切です。

急性の痛みは我慢しないようにして、痛みの悪循環を断つため、早期治療をするようにしましょう。

しかし、痛みが慢性化で痛みの悪循環になってしまった場合でも痛みが取れないというわけではありません!

治療期間がかかることもありますが、慢性の痛みでも治療して痛みを改善することは可能です!

その時はご相談して頂ければと思います。

参考にして頂ければと思います。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

腰痛・坐骨神経痛の症状でお悩みの方はこちら

痛みのピーク時間

2018.05.30 | Category: 痛み

人間には、自然に治そうとする力(自然治癒力)があります。

とくに急性の痛みは、そこが危険ということを知らせてくれる警告信号(アラームサイン)で、基本的に問題がなければ徐々に痛みが治まってきます(慢性の痛みは別です)。

その中で、痛みにはピーク時間などの痛みの回復をみる「痛みの回復曲線(かいふくきょくせん)」というグラフ曲線があります。

グラフで痛みの回復曲線を説明すると難しくなるので、ここでは省略させて頂き結論を説明します。

治療院の急性の痛みで非常に来院の多い「急性腰痛(ぎっくり腰)」を例にお話しさせて頂きます。

急性腰痛(ぎっくり腰)の状態によっても変わってきますが、一般的に急性腰痛(ぎっくり腰)の痛みの回復曲線は・・・

 

 放って置いた場合、30歳以下では24時間後(負傷してから翌日)に痛みがピークになります。

 放って置いた場合、40歳以上では48時間後(負傷してから2日)に痛みがピークになります。

③ 放って置いた場合、30歳代では①、②のどちらかになります。

 

この結果から何が言いたいかといいますと・・・

例えば②の場合、急性腰痛(ぎっくり腰)を起こして当日に治療院に来院したとします。

痛みのピーク時間が負傷してから2日ですので、その当日に治療をしますと翌日にかえって痛みが増してしまう可能性があります(腰痛の状態、治療内容によっても変わりますが)。

この場合基本的には、負傷してから2日後に治療することが望ましいといえます。

急性腰痛(ぎっくり腰)にかかわらず、首の寝ちがえ・捻挫(ねんざ)・打撲(だぼく)・肉離れなどの急性の痛みも同じことがいえます(これも治療内容にもよりますが)。

すぐ治したいと思って、すぐ治療をしてしまうとマイナス効果になってしまうこともありますので、参考にして頂ければと思います。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

腰痛・坐骨神経痛の症状でお悩みの方はこちら

真皮・筋膜・関節包

2018.05.29 | Category: 痛み

私たち人間の痛みは、「痛みのセンサー(痛みの受容器)」が刺激されて「痛みの神経の経路(末梢神経~脊髄視床路)」を伝わり「脳(大脳の中心後回にある感覚野)」で感じます。

その「痛みのセンサー(痛みの受容器)」がある場所は、コラーゲン線維が多く存在するところにあります。

そのコラーゲン線維が多く存在する組織は、皮膚にある真皮(しんぴ)・筋肉にある筋膜(きんまく)・関節にある関節包(かんせつほう)になります。

      真皮(しんぴ)

      筋膜(きんまく)

    関節包(かんせつほう)

すなわち・・・

・いわゆる皮膚の痛み = 真皮の痛み
・いわゆる筋肉の痛み = 筋膜の痛み
・いわゆる関節の痛み = 関節包の痛み

となります。

痛みのセンサー(痛みの受容器)が刺激されて痛みが起こるのはお分かり頂いたと思いますが、ではどういった時に痛みのセンサー(痛みの受容器)が刺激されるのでしょうか?

それは・・・

痛みのセンサー(痛みの受容器)に「酸素が行かなくなる」あるいは「酸素が少なくなる」とセンサーが感知し刺激されます。

つまり「酸素が行かなくなる」ということは言い換えると、「血流が悪くなる」ということになります。

つまり、痛みのセンサー(痛みの受容器)が多く存在する「真皮・筋膜・関節包」に何らかの方法で、血流を良くし酸素を行きやすくする状況をつくるということになります。

それは、治療もそうですし運動もそうです。

したがって、運動不足はよくありません!(急性のケガの損傷以外)

有酸素運動(酸素を必要とする運動)という言葉があります。

有酸素運動の代表的なものは「ウォーキング」で、まずは歩くことから是非始めてください。

例えば、車の生活ばかりではなく、歩くことを習慣にして癖をつけていくのがいいでしょう。

当院で具体的に真皮・筋膜・関節包の治療アプローチはどういった事をするかといいますと・・・

・真皮  キネシオテーピング、スパイラルテーピング、スキンロール(皮膚つまみ)など
・筋膜  トリガーポイントほぐし、筋膜リリース、ストレッチ、鍼治療など
・関節包  AKA-IM療法(関節包内矯正)、カイロ矯正、ソフトカイロ、関節モビライゼーションなど

などになります。

参考にして頂ければと思います。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

腰痛・坐骨神経痛の症状でお悩みの方はこちら

アクセス情報

所在地

〒193-0833
東京都八王子市めじろ台3-37-7 MMビル1F

【交通】
・京王高尾線 「めじろ台駅」 徒歩5分
・めじろ台方面バス停留所 「めじろ台南」 下車目の前

ご予約について

当院に初めてご来院されるご新規の方、自費治療の方のみ予約可能です。

駐車場のご案内

当院駐車場2台と近隣の駐車場2台(計4台)
※詳しくはお問い合わせください