- Blog記事一覧 - 自己免疫の疾患の記事一覧

自己免疫の疾患の記事一覧

線維筋痛症(せんいきんつうしょう)

2018.06.16 | Category: 自己免疫の疾患

日本の人口の約1.7%にみられ、200万人の患者数年齢3050歳代の女性に多いといわれている「線維筋痛症(せんいきんつうしょう)」についてお話しさせて頂きます。

線維筋痛症とは、原因不明の体の全身に起こる慢性の痛み疾患で、全身に激しい痛みが起こる病気です。

症状は、広範囲な部位に起こる激しい慢性の痛みとこわばり、その他に激しい疲労感やだるさ、頭痛、落ち込んだ(抑うつ)気分、不眠などのたくさんの自覚症状を伴います。

線維筋痛症には診断基準や重症度というものがあります(下記のイラストを参照)。

診断基準の圧痛点(あっつうてん ※指で押して痛い場所(親指で4㎏の強さで押す))というものがあり、これは東洋医学でいういわゆる「ツボ」の場所に一致します。

線維筋痛症での痛みの原因は近年、神経障害性疼痛(しんけいしょうがいせいとうつう)といわれる、痛みを伝える神経が何らかの形で異常に活動し、わずかな刺激で痛みを過剰に感じる痛みの神経の過敏状態によるといわれております。

治療は一般的に、お薬(抗てんかん薬・抗うつ薬・抗不安薬・精神安定薬など)、認知行動療法(にんちこうどうりょうほう)、有酸素運動(ゆうさんそうんどう)が有効とされております。

有酸素運動は、ウォーキング・ランニング・エアロバイク・エアロビクスなどになります。

当院での治療は、線維筋痛症での痛みを軽減させるための鍼治療(はりちりょう)を行います。

線維筋痛症に対する鍼治療の効果は、確実な科学的な根拠はまだはっきりとはわかっておりません。

しかし、現在わかっていることとしては、鍼治療の中で鍼通電治療(はりつうでんちりょう)といわれる、鍼に電気を流していく治療が効果的とされており、ある程度治療を重ねることで1ヶ月程度効果が持続することが可能ですが、それ以上の効果はまだわからないということになります。

日常生活上の注意は、できるだけ体を動かすことですが、翌日に疲労が残るほどの強さは避けなければなりません。

また、過度の安静はかえって病状を悪化させるので注意が必要です。

参考にして頂ければと思います。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

腰痛・坐骨神経痛にお悩みの方はこちら

アクセス情報

所在地

〒193-0833
東京都八王子市めじろ台3-37-7 MMビル1F

【交通】
・京王高尾線 「めじろ台駅」 徒歩5分
・めじろ台方面バス停留所 「めじろ台南」 下車目の前

ご予約について

当院に初めてご来院されるご新規の方、自費治療の方のみ予約可能です。

駐車場のご案内

当院駐車場2台と近隣の駐車場2台(計4台)
※詳しくはお問い合わせください