- Blog記事一覧 - 運動の記事一覧

運動の記事一覧

体力と老化

2018.08.28 | Category: 運動

「年だから体力が衰えてきた」

「体力が落ちてきて腰痛になってもしょうがない」

など、老化的なことを考える人も多いと思います。

皆さんは、体力とはどういうものだと思いますか?

体力が衰えたといった場合、多くの人は若いころに比べて落ちた筋肉であったり、あるいは持久力(じきゅうりょく)などを思い浮かべることだと思います。

そこで体力維持、アップのためにスポーツジムに通って筋トレや有酸素運動(ウォーキング、ランニング、エアロビクス)を始める人が多いのが何よりの証拠です。

それらの運動効果についてお話しさせて頂きます。

体力とは、自分が思ったように体を動かせる能力のことです。

これを言い換えると、機能運動性(きのううんどうせい)と呼びます。

老化とは、加齢によって筋肉量や筋力、あるいは持久力が衰えたことではなく、機能運動性が低下することをいいます。

機能運動性は、柔軟性(関節の可動域)、安定性(筋肉の強さ)、バランス(動きの協調性)の3つの組み合わせによって決まります。

立位体前屈で床に手が着く柔らかい体が必ずしも体力があるわけではなく、また筋骨隆々の体の持ち主であっても同じことです。

普段の生活で「なんとなく体がダルい」、「すぐに疲れる」、「知らないうちに楽な姿勢になっている」と感じるのは、この機能運動性が低下しているサインだと思ってください。

機能運動性の低下は、ほとんどが体の機能障害によるものです。

人間の体は、大きく動く機能安定させる機能の2つがあります。

体幹を例にお話しさせて頂きます。

股関節は主に動くことが大きな仕事で、ここが動かなければ、他のところが動かなければなりません(具体的には、腰と膝の関節になります)。

一方、腰まわりの筋肉は安定させるのが仕事で、例えば、お尻の筋肉が弱ければ腰が落ち、背中が丸まって背骨の関節が動かないので、腰まわりの筋肉が頑張って働かせることになります。

こうなりますと、自分が思ったように体を動かすことは、まず不可能といってもいいでしょう。

それもそのはずで、股関節や腰まわりの筋肉が本来の仕事をしないばかりか、別の仕事をさせられているわけですので、とくに腰痛のほとんどの原因はこの機能障害で、腰まわりの部分が負担がかかり悲鳴をあげているわけです。

機能運動性の低下、その原因となる機能障害が起こるのは、運動をしないからではなく、同じ体の使い方ばかりしているからです。

体力を高めるためには、正しい体の使い方を覚えることが非常に大事となります。

どのような正しい体の使い方がよいのかは、また改めてお話しさせて頂きます。

今回は以上です。

参考にして頂ければと思います。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

腰痛・坐骨神経痛でお悩みの方はこちら

筋トレで鍛えるのは3種目だけ!

2018.06.27 | Category: 運動

これからは超高齢化社会になり、健康のためや介護にならないための身体づくりをすることが非常に重要となります。

その中で大事なのは「機能運動医学」というもので、すなわち・・・

・柔軟性

・安定性

・バランス(協調性)

の3つのトータルが高まっていくことが大事となります。

柔軟性はいわゆる「関節の柔らかさ、硬さ」、安定性とバランス(協調性)は「筋力の強さ、弱さ」が評価になります。

柔軟性を高めるためには施術になりますが、安定性とバランス(協調性)を高めるには筋トレが必要になります。

施術も大事ですが、治療をしても筋力がなければ効果が少ないことも多々あります。

安定性とバランス(協調性)を鍛える筋トレのお話しをさせて頂きます。

筋力アップをするための筋トレは、トレーニングマシンで負荷をかける筋トレを行うのが一般的です。

その中で健康や介護にならないための身体づくりをするためには、筋トレの種目はたった3つだけでいいのです。

これを「筋トレBIG3」といい、この3つの種目さえ行えばほとんどの筋肉が鍛えることができます。

筋トレBIG3とは・・・

・ベンチプレス(胸・腕の筋肉を鍛えるトレーニング)

・スクワット(お尻・太ももまわりの筋肉を鍛えるトレーニング)

・デッドリフト(背中・お尻・太ももの裏の筋肉を鍛えるトレーニング)

ベンチプレス(胸・腕の筋肉を鍛えるトレーニング)

スクワット(お尻・太ももまわりの筋肉を鍛えるトレーニング)

デッドリフト(背中・お尻・太ももの裏の筋肉を鍛えるトレーニング)

になります。

これらは身体の土台である「体幹(たいかん)」を鍛えるトレーニングです。

上記のイラストのようにバーベルを使う場合、スポーツクラブなどのトレーニング施設に行かなければ実施することは難しく、また、ご高齢の方はバーベルを一人で行うとケガにもつながる恐れもあります。

バーベルを使わなくても自宅で実践できる方法があります。

それは、ダンベル(下記のイラスト)を使うことです。

市販でも販売されているダンベルですが、ダンベルを使いながらスクワット、デッドリフトをトレーニングすることは可能です。

ベンチプレスに関しては、ダンベルを使う方法も出来ますが、それよりも「プッシュアップ(腕立て伏せ)」でトレーニングされたほうが効果的です。

筋トレのBIG3のトレーニング方法については、ここではお話しを控えさせて頂きます。

なぜなら、見様見マネで行った結果、トレーニング方法を何らかで間違って逆に筋肉や関節を痛めてしまうことにつながる恐れがあります。

トレーニング本をみて実践して、逆に痛めてしまった患者様が当院に来院するケースも多くありますので、申し訳ありませんがご了承ください。

最後に、筋トレは筋肉痛がでないと効果がありません!

筋肉痛がでない筋トレは、筋力アップにつながることが少ないので、筋肉痛を恐れず筋トレを実践して頂ければと思います。

以上です。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

腰痛・坐骨神経痛でお悩みの方はこちら

ダイエット時の運動はいつ行えばいい?

2018.06.23 | Category: 運動

食前に行ったほうがいい?

食後に行ったほうがいい?

ダイエット時の運動の場合、こういった疑問がある人もいると思います。

そもそも太ってしまう原因は、カロリーの過剰摂取ではなく糖質の過剰摂取で、つまり糖質を過剰に食べれば血糖値が大きく上がることが問題となります。

結論からいえば、食後すぐに運動すると血糖値の上昇を抑えることができ、運動は食後に行うことが効率的です。

以前は、食後の運動は消化をするためしないほうがよいといわれていました。

そもそも、食後にゆっくり休まなければならないほど一度にたくさん食べるべきではなく、血糖値が急激に上がらないように「腹7分目」を心がけることが大事です。

また、空腹時に運動することで脂肪が燃えやすいともいわれましたが、空腹時に運動をすれば、その後さらにお腹がすく状態でドカ食いすることになり、その結果、血糖値は急激に上がってしまいます。

血糖値が上がれば、それだけ太ってしまいます。

糖質を多く摂取したときには、食後すぐに運動し、血糖値が上がるのを抑えていきましょう。

それによって確実に肥満が防げる結果に繋がります。

参考にして頂ければと思います。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

腰痛・坐骨神経痛にお悩みの方はこちら

ロコモ(ロコモティブシンドローム)

2018.06.18 | Category: 運動

ロコモティブシンドローム(略名“ロコモ”)とは、日本名でいいますと運動器症候群(うんどうきしょうこうぐん)といいます。

ロコモは、2007年に日本整形外科学会が超高齢化社会・日本の未来を見据えて提唱したもので、「筋肉・骨・関節・軟骨・椎間板といった運動器のいずれか、あるいは複数に障害が起こり「立つ」「歩く」といった機能が低下している状態」をいいます。

進行すると日常生活にも支障が生じ、要介護になることもあります。

したがって、いつまでも自分の足で歩き続けていくために、運動器を長持ちさせ、ロコモを予防し、健康寿命を延ばしていくことが必要になります。

ロコモも予防するためには、「ロコモ体操(ロコトレ)」というものがあります。

簡単にできる体操ですので、下記のイラストをご覧頂き無理のない範囲でご自宅でやってみてください。

また、参考にして頂ければと思います。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

腰痛・坐骨神経痛にお悩みの方はこちら

アクセス情報

所在地

〒193-0833
東京都八王子市めじろ台3-37-7 MMビル1F

【交通】
・京王高尾線 「めじろ台駅」 徒歩5分
・めじろ台方面バス停留所 「めじろ台南」 下車目の前

ご予約について

当院に初めてご来院されるご新規の方、自費施術の方のみ予約可能です。

駐車場のご案内

当院駐車場2台と近隣の駐車場2台(計4台)
※詳しくはお問い合わせください