- トリガーポイント

トリガーポイント

原因不明の痛み・しびれは、筋肉にできるトリガーポイントかもしれません!

トリガーポイントとは

筋肉の中に「筋硬結(きんこうけつ)」ができると、その部分を押すと痛みを感じるようになります。

こうした筋肉の場所を「圧痛点(あっつうてん)」と呼んでいます。圧痛点のなかには、押すとその場所だけが痛むのではなく、他の場所に痛みが広がるものがあり、これを「トリガーポイント」といいます。
また、他の場所に痛みが広がることを「関連痛(かんれんつう)」といいます。

トリガーポイントができる理由

トリガーポイントができる仕組みは、はっきりとはわかっていませんが、次のようなことが考えられています。

急激な動きや繰り返し行う動作によって、筋肉に強い力が加わると小さな損傷が生じてきます。そうしますと、筋肉の細胞からカルシウムが放出され、こうなると運動した翌日ぐらいから、痛みやこわばりが出てきます(遅発性筋痛)。通常は3~7日ぐらいで改善されることが多いですが、続けて運動したり、筋肉が冷えたりして血流状態が悪いと、元に戻りづらくなり、筋拘縮(きんこうしゅく)という状態になります。

筋拘縮の状態がなかなか元に戻らなくなると、筋肉の頑固なこりとなって、悩ませることになります。この筋肉の頑固なこりが押さえると痛み、しびれが放散するトリガーポイントになるといわれています。

代表的な各部位のトリガーポイントの症状

・顔まわり筋肉のトリガーポイント → 歯の痛み、顎(あご)の痛み、めまい、耳鳴り、眼精疲労、頭痛など

・首・肩まわり筋肉のトリガーポイント → 頭痛、顔の痛み、眼精疲労、めまい、腕の痛み・しびれなど

・腰・お尻まわり筋肉のトリガーポイント → 腰痛、坐骨神経痛、足のしびれなど

・太もも・足まわりの筋肉のトリガーポイント → 膝の痛み、足のしびれ、脚のだるさなど

・腕まわりの筋肉のトリガーポイント → 肘の痛み、手のしびれ、手のだるさなど

このような方におすすめ

  • 原因不明の痛み・しびれにお悩みの方
  • 痛み・しびれがレントゲンやMRIで異常がないと言われた方
  • 慢性の痛みがなかなか取れない方
  • 筋肉痛が取れない方
  • マッサージしても効果が感じられない方

当院では、まずカウンセリングで痛み・しびれの状態を確認し、検査で動かした時に痛みが出るか?
どこの筋肉に問題があるか?評価をしていきます。

当院でのトリガーポイントの治療は、ほぐし、鍼治療、キネシオテープを行っていきますが、患者様の状態によって決めさせて頂き、その患者様に合った治療をご提案していきます。
詳しくはお気軽にご相談ください。


アクセス情報

所在地

〒193-0833
東京都八王子市めじろ台3-37-7 MMビル1F

【交通】
・京王高尾線 「めじろ台駅」 徒歩5分
・めじろ台方面バス停留所 「めじろ台南」 下車目の前

ご予約について

当院に初めてご来院されるご新規の方、自費治療の方のみ予約可能です。

駐車場のご案内

当院駐車場2台と近隣の駐車場2台(計4台)
※詳しくはお問い合わせください