- 腰痛・ぎっくり腰

腰痛・ぎっくり腰

腰痛の85%は原因がわからない腰痛です(レントゲンやMRIなどの画像検査で異常がでない腰痛)。
だからといって痛みが改善しないということではありませんので、しっかり施術をしていきましょう!

腰痛とは、腰部、お尻の部分の痛み、重だるさ、張り感のことをいいます。日本全国で行われた国民生活基礎調査では、男性第1位、女性第2位が腰痛の訴えとなっており、今では国民病といっても過言ではありません。

ぎっくり腰とは、いわゆる「急性腰痛症」のことをいい、「腰がギクッとした」「腰がぬける感じ」などと表現されることが多いです。
腰痛の原因には、「椎間板ヘルニア」「脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)」「腰椎分離症(ようついぶんりしょう)」「腰椎すべり症」などがありますが、腰痛の85%は原因不明の「非特異的腰痛(ひとくいてきようつう)」といい、つまり、レントゲンやMRIで異常がないものになります。非特異的腰痛は、急性腰痛と慢性腰痛に分かれ、以下のような特徴があります。

急性腰痛

・発症して2週間以内の腰痛といわれている

・重たい物を持った時、洗顔している時、座って立ち上がった時など急激に起こすことが多い

・筋、筋膜が原因、椎間関節(ついかんかんせつ)という腰の背骨の関節が原因、仙腸関節(せんちょうかんせつ)が原因、椎間板の髄核のズレの原因のことが多い

・治療をすれば2週間以内に50%の人が改善し、1ヶ月以内に90%の方が改善することが多い

・急性腰痛だと思っていても椎間板ヘルニアのこともある

慢性腰痛

・3ヶ月以上続く腰痛

・筋、筋膜、椎間関節、仙腸関節、殿皮神経障害(でんぴしんけいしょうがい)などの原因が多い

・近年、脳のDLPFC(前外側前頭前野)の活動の衰え、ドーパミン量の低下などの痛みを抑える働きのある脳の機能的な異常があるといわれている

・内科的な原因も隠れていることがある

・腰痛に対しての治療と運動や生活改善の見直しが必要なことがある

このようなことでお困りではありませんか?

  • 朝起き上がる時に腰が痛い
  • 長時間座っていると腰が痛い
  • くつ下、ズボンを履く動作で腰が痛い
  • 同じ姿勢で急に動かした時に腰が痛い
  • 常に腰痛がある
  • 腰がぬけそうな感じがある
  • お尻から太ももに違和感がある

当院での腰痛の施術は、カウンセリングと検査で腰痛を起こしている場所をみつけ、筋肉、背骨(椎間関節)、仙腸関節などに手技でアプローチを行っています。施術法は、電気療法、トリガーポイントほぐし、ストレッチ、筋膜リリース、AKA-IM療法(関節包内矯正)、整体、鍼、骨盤矯正、キネシオテーピングなど、患者様の状態などによって決めていきます。

急性腰痛の場合、早く施術をすることが非常に大事で、逆に痛みを放置してしまうと慢性腰痛の原因になります。慢性腰痛も取れないということではありませんので、しっかり施術をし、また日常生活の動作の見直しをすることが痛みの軽減のポイントになります。腰痛はできるだけ放置せず、早めに施術をしていきましょう。

詳しくは当院の腰痛専門サイトをご覧ください


アクセス情報

所在地

〒193-0833
東京都八王子市めじろ台3-37-7 MMビル1F

【交通】
・京王高尾線 「めじろ台駅」 徒歩5分
・めじろ台方面バス停留所 「めじろ台南」 下車目の前

ご予約について

当院に初めてご来院されるご新規の方、自費施術の方のみ予約可能です。

駐車場のご案内

当院駐車場2台と近隣の駐車場2台(計4台)
※詳しくはお問い合わせください