- 坐骨神経痛

坐骨神経痛

坐骨神経痛はヘルニアなどで神経が圧迫されて痛みを起こすことが一般的ですが、必ずしもそれが痛みの原因ではありません!

坐骨神経は一般的に、腰から骨盤、お尻を通って足先まで伸びている体の中で一番大きな神経で、その神経に痛み・しびれが起こるものが坐骨神経痛になります。
しかし、お尻まわりの痛みや、足がしびれるだけで坐骨神経痛という人もおりますので、本当に坐骨神経痛を起こしているのかどうかを確認していく必要があります。また、「坐骨神経痛」という名前は疾患名ではありません。つまり、もし病院で「坐骨神経痛ですね」と言われた場合、坐骨神経痛の本当の原因はわかりませんということになります。

坐骨神経痛の症状は、片脚に痛みが走る放散痛、しびれ、ひどい場合には脚の筋力が低下を起こすことがあります。
坐骨神経痛の原因は、坐骨神経が圧迫されることで痛みが起こるといわれるのが一般的ですが、実は、坐骨神経の先端についている痛みのセンサーが刺激を受けて痛みを伝えていることもあり、神経そのものが圧迫されて痛むというだけではないということもあります。
つまり坐骨神経痛は、神経の痛みだけではなく、筋肉の痛みのこともあります。

坐骨神経痛を起こすもの

・椎間板ヘルニア
・脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)
・梨状筋症候群(りじょうきんしょうこうぐん)
・仙腸関節(せんちょうかんせつ)の機能的な異常
・お尻まわりの筋肉にできるトリガーポイント
・殿皮神経障害(でんぴしんけいしょうがい)

※上記以外にも坐骨神経痛を起こすものがありますが、主なものはこちらになります。

このようなことでお困りではありませんか?

  • 痛みで歩くのがつらい
  • 長い時間座っていると足がしびれてくる
  • 腰痛と足のしびれがある
  • 歩いていると痛みがあって、休むと楽になる
  • 朝起きると痛みが脚まで響く
  • 整形外科で「坐骨神経痛」と言われた

当院での坐骨神経痛の施術は、まずカウンセリングと検査で本当に坐骨神経痛が起きているのかどうかを確認します。実際、患者様が坐骨神経痛と言われて、坐骨神経痛でないことも多くあります。

施術法は、電気療法、トリガーポイントほぐし、AKA-IM療法(関節包内調整)、キネシオテーピング、鍼などがありますが、患者様の状態によって一番良い方法を選択してきます。また、坐骨神経痛の生活指導もさせて頂きます。坐骨神経痛でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

詳しくは当院の坐骨神経痛の専門サイトをご覧ください


アクセス情報

所在地

〒193-0833
東京都八王子市めじろ台3-37-7 MMビル1F

【交通】
・京王高尾線 「めじろ台駅」 徒歩5分
・めじろ台方面バス停留所 「めじろ台南」 下車目の前

ご予約について

当院に初めてご来院されるご新規の方、自費施術の方のみ予約可能です。

駐車場のご案内

当院駐車場2台と近隣の駐車場2台(計4台)
※詳しくはお問い合わせください