- 足首・足の痛み

足首・足の痛み

足首、ふくらはぎ、スネ、足裏の痛み、足の指の痛みでお悩みではありませんか?

当院は足首・足の痛みがお悩みでご来院させる患者様が多くおります。足首と足は、膝、股関節、腰などの体を支えながら歩行などの動作をしており、足首と足の不調は、体全体にとって悪影響を及ぼすことにもなります。

例えば、痛みのためにかばいながら歩いて、腰や股関節、膝が痛くなるというものです。
また、足の指が浮いている(足の浮き指)人が多く、様々な足首、足の障害を起こすこともあります。そういった意味では、放置せずにしっかり治療をしていきましょう!
足首・足の痛みには様々なものがあり、代表的なものをご紹介します。

足首の捻挫

・足首を捻り、足首を支える外側の靭帯(じんたい)を損傷する

・スポーツでのケガが多く、また踵(かかと)の高い靴を履いてバランスを崩すようなことで負傷することも多い

・靭帯の損傷の程度は、軽症・中等度・重症に分かれ、重症度によって治療期間が長くなる

・骨折を起こすこともある

・たかが捻挫と思って治療をせず放置してしまうと、後遺症を残すこともある

こむら返り

・ふくらはぎの筋肉のけいれんで、いわゆる「足がつる」というもの

・原因不明で季節の変わり目に起こることが多い

下腿(かたい)コンパートメント症候群

・ふくらはぎ、スネまわりの筋肉に圧が上がって痛みや足のしびれが起こるもの

・スポーツで走る動作を繰り返す、ギブスなどの固定の強い圧迫で起こることが多い

足底腱膜炎(そくていけんまくえん)

・足裏の土踏まずを作る足底腱膜というものが弱くなり、踵(かかと)や足裏に痛みが起こるもの

・朝起きて足を衝いた時の痛み、歩き始めの痛み、炎症が強くなると歩いていても痛み起こすことが多い

・偏平足(へんぺいそく)やハイアーチになっていることがある

足根洞症候群(そっこんどうしょうこうぐん)

・足首の外側にある「足根洞」というトンネルの細かい神経が刺激されることで、足首の外側の痛みを起こすもの

・足首の捻挫をそのまま放置していた時、足首の捻挫を繰り返し負傷、重症度が高い足首の捻挫を起こし治療が不十分な時に起こりやすい

・慢性の足首の痛みになり、荷重時の痛み、スポーツ時の痛みなどが起こることが多い

・長期間の治療を要することが多い

モートン病

・足の中指と薬指の間にある神経が繰り返し摩擦されることで、足裏の痛み、足先のしびれを起こすもの

・外反母趾(がいはんぼし)、横幅の狭い靴(ヒールなど)を多く履いている人に起こりやすいことが多い

・ひどくなると、神経が腫れて「神経腫(しんけいしゅ)」になることもある

外反母趾(がいはんぼし)

・足の親指の内側に向く変形

・変形だけでは痛みが起こらないが、親指に靴が多く当たる、繰り返し親指を使うことによって痛みが起こることが多い

・外反母趾の部分が赤くなっていることもある


足首・足の痛みは様々ありますが、代表的なものをご紹介させて頂きました。
その他にも坐骨神経痛によって痛みやしびれを起こすもの、お尻・太もも・スネまわり・ふくらはぎの筋肉にできたトリガーポイントによって痛みやしびれを起こすもの、骨盤の仙腸関節(せんちょうかんせつ)が硬くなって痛みしびれを起こすものなどがあります。

このようなことでお困りではありませんか?

  • 病院でのレントゲンやMRIで異常がない
  • 足首を捻ってしまった
  • なかなか取れない足・足首の痛み
  • 原因がわからないけど足・足首が痛い
  • 足首・足の痛みだけでなく、しびれもある

当院では足首・足の痛みの原因を探り、患者様の状態に合った治療をしていきます。

治療法は、電気治療、超音波治療、トリガーポイントほぐし、鍼治療、テーピング、足首・足の関節の調整などがあります。足首・足の痛みでお悩みの方は、お気軽にご相談ください。


アクセス情報

所在地

〒193-0833
東京都八王子市めじろ台3-37-7 MMビル1F

【交通】
・京王高尾線 「めじろ台駅」 徒歩5分
・めじろ台方面バス停留所 「めじろ台南」 下車目の前

ご予約について

当院に初めてご来院されるご新規の方、自費治療の方のみ予約可能です。

駐車場のご案内

当院駐車場2台と近隣の駐車場2台(計4台)
※詳しくはお問い合わせください