- 頭痛

頭痛

そのつらい頭痛、病院の薬との併用でも治療は可能です!

現在、日本人の3~4人に1人が「頭痛持ち」で、国内で約3,000万人いるといわれています。

頭痛には、一次性頭痛(慢性頭痛)と二次性頭痛があり、圧倒的に一次性頭痛(慢性頭痛)が多く、二次性頭痛は生命に危険な頭痛が多いため、当院では適応外で病院やクリニックへの受診が必要となります。

一次性頭痛(慢性頭痛)は、「CTやMRIなどの画像検査で異常がない頭痛(原因がない頭痛)」で、緊張型頭痛、片頭痛、三叉神経・自律神経性頭痛、その他の一次性頭痛の疾患に分かれています。当院での一次性頭痛(慢性頭痛)の治療の適応は、緊張型頭痛、片頭痛、後頭神経痛、薬物乱用頭痛、脳過敏症候群になります。

各特徴は以下をご覧ください。

緊張型頭痛(きんちょうがたずつう)

・慢性頭痛の中で最も多く、筋肉の緊張、ストレスでの緊張などで起こる血管の収縮性の頭痛

・肩こり、後頭部の鈍痛などがあることが多い

・頭痛は「締めつけられる感じ」「圧迫される感じ」「重たい感じ」と表現されることが多い

・頭、首、肩の筋肉をほぐすと改善されることが多い

片頭痛(へんずつう)

・血管が拡張して、血管のまわりにある三叉神経(さんさしんけい)を刺激し、炎症物質が発して神経が圧迫されて起こる頭痛といわれている(三叉神経血管説)

・20~40歳代の女性に多く、遺伝で起こるともいわれている

・頭痛は、2~3日続くことがあり、こめかみを中心に片側だけでなく両側でも起こって「脈打つような痛み」「ズキンズキンするような痛み」と表現されることが多い

・頭痛以外に吐き気・嘔吐、光や音・においに敏感になることが多い

後頭神経痛(こうとうしんけいつう)

・頭の後ろ側に大後頭神経、小後頭神経、大耳介神経というものがあり、それらが圧迫されて起こる頭痛

・頭痛は、首から頭の後ろにかけての頭痛で、日によって痛む場所が変わり、「ピリピリした感じ」「一瞬ビリっとした感じ」「チクチクした感じ」と表現されることが多い

・不良姿勢、ストレス、天候(気圧)などが原因で起こるといわれている

薬物乱用頭痛(やくぶつらんようずつう)

・痛み止めの薬(市販薬も含む)や片頭痛の薬(エルゴタミン製剤)の飲み過ぎによって起こる頭痛

・月に10日以上痛み止めの薬を飲んでいる場合は、薬物乱用頭痛の疑いがある

・薬によって痛みが誘発されて、そしてまた薬を飲むという悪循環になる(薬物依存性)

・ひどい場合には、薬を止めさせるために入院することもある

脳過敏症候群(のうかびんしょうこうぐん)

・原因不明の頭痛で、耳鳴り、めまい、不安、不眠、うつなどの症状があり、脳の興奮が高まって過敏状態になる頭痛

・様々な説があるが、はっきりとした原因はわかっていない

・片頭痛の対処がうまくいかないと、この頭痛になりやすいといわれている

・頭痛専門の病院では、脳の興奮を抑える目的で「トリプタン」という薬で治療することがある

このようなことでお困りではありませんか?

  • 頭痛を繰り返している
  • 病院で異常がない頭痛と言われた
  • できるだけ薬は飲みたくない
  • 薬と併用した頭痛の治療がしたい
  • 肩こりと頭痛がある

当院での頭痛の治療は、病院のお薬との併用で治療は可能となります。一次性頭痛(慢性頭痛)の種類によって治療内容は変わってきますが、アイシング、電気治療、トリガーポイントほぐし、鍼治療、キネシオ・ポイントテーピング、頭蓋骨調整などの治療があり、患者様の状態に合わせて行っていきます。

頭痛でお悩みの方はお気軽にご相談ください。


アクセス情報

所在地

〒193-0833
東京都八王子市めじろ台3-37-7 MMビル1F

【交通】
・京王高尾線 「めじろ台駅」 徒歩5分
・めじろ台方面バス停留所 「めじろ台南」 下車目の前

ご予約について

当院に初めてご来院されるご新規の方、自費治療の方のみ予約可能です。

駐車場のご案内

当院駐車場2台と近隣の駐車場2台(計4台)
※詳しくはお問い合わせください